自己破産は最終手段

借金がどんどん膨らんでいき、どうしようもなくなった場合に利用するのが債務整理です。

 

その債務整理の中でも、最終手段だと言われているのが自己破産と呼ばれる方法です。

 

よく会社などでも破産したという話をニュースなどで聞きますが、自己破産は会社ではなく個人で破産申請を行う方法です。

裸一貫でやり直すことに

自己破産を行なった場合、消費者金融などから借りていた借金は全て無しになりますから、精神的に追い詰められていた人にとっては最も楽になれる方法ではないでしょうか。

 

しかし自己破産を行なった場合、借金が無くなる代わりに多くのデメリットを抱えて生活していくことになります。

 

まず財産を全て放棄しなければいけません。車や家を所有していた場合、それらは全て無くなります。まさに裸一貫で出直すと言うことになります。

ローンは10年間組めない

自己破産を行なった場合、10年間は新たなローンを利用することも出来なくなります。車を手放したけどすぐにローンで購入すればいいという考えは一切通じないと言うことです。

 

車が欲しければ全て現金で購入しなければいけませんし、ローンと名がつくものは全て利用不可になります。

 

旅行などの長期不在も制限されることになります。長期不在になる場合には必ず裁判所で許可を貰う必要が出てきますので、自由がかなり制限されてしまいます。

保証人に大迷惑が…

そして最も大きなデメリットは、借金に保証人がいた場合には、その人たちに多大な迷惑をかけてしまうことになるということです。

 

自己破産を行なえば自分自身の借金は全て無くなりますが、保証人がいた場合にはその借金は保証人が支払っていくことになります。

 

もちろん保証人との人間関係も大きく変わってしまうでしょうし、なにより社会的信用が全くなくなってしまうため、自己破産を行うには相当な覚悟が必要だと言えるでしょう。